免責不許可事由について

免責不許可事由について

 

自己破産の手続きをすることによって、自分が負っていた借金の額を免除してもらうことができるので、借金を背負ってしまい債務整理の手続きをする場合において、どのようにしても返済をすることが困難な場合にこの手続きを利用することになります。

 

そして自己破産の手続きをして借金を免除してもらうためにはただ裁判所に申立をするだけでなく、破産手続き開始決定を受け、破産手続きをしてもらった後に免責の手続きをしてもらう必要があります。

 

免責の手続きをしてもらい、免責不許可事由がない場合に免責をしてもらうことができ、これによってはじめて自分の負っていた借金を免除してもらうことが可能となります。

 

そのため借金を負っている人が自己破産の申立をする場合において自分に免責不許可事由がないかどうかはしっかり確認しておく必要があります。

 

そこで自己破産の免責の手続きの際に重要となる免責不許可事由にはどのようなものがあるのかというとまず今回の免責の申立の前の7年以内に自己破産をして免責を受けていた場合です。それからギャンブルや浪費などで借金を負ってしまった場合も免責不許可事由にあげられています。

 

さらに破産手続きをする際に自分の財産を隠した場合なども免責不許可事由となります。

免責不許可事由についての関連記事

自己破産の知識
自己破産と借金コラム