相続によって借金を背負うかもしれない

相続によって借金を背負うかもしれない

 

借金は自分が背負ってなくても、ある日突然背負わされる可能性があります。
それが相続になります。

 

相続は誰にでも起きうることですが、そのときにはは本当に注意しないと、借金が舞い込んでくる可能性があります。

 

相続で注意しないといけないのは、被相続人が借金を持っていると事前に知っている場合、相続放棄をすれば借金を背負わなくて済みます。
ただ、借金を背負わなくて住む代わりに、それ以外の相続財産も諦めないといけません。

 

だから、被相続人の持っている金銭、不動産などを本来ならば相続できるとしても、それらは自分のものにはならないのです。
その代わり借金分は相続しないで済むので、大分助かりますが。

 

借金の金額によっては、借金も相続してしまったほうが得になる場合もあります。
それはそれ以外の相続財産の価値が借金の総額を越えるような場合です。

 

したがって、相続のときには借金の総額とその他相続財産の総額をきちんと出さないといけません。
そういったことを丁寧にやって始めて、借金を相続すべきか?すべきじゃないか?が分かります。

 

自分は借金なんかに縁がないと思っていても、ある日突然借金が身近に感じられる、借金を自分が背負うかも知れない日がくるかもしれないので、適切な行動が取れるように準備と覚悟をしておくと良いでしょう。
相続財産の方が大きければ、背負った借金はすぐに返せると思いますが。

相続によって借金を背負うかもしれないの関連記事

自己破産の知識
自己破産と借金コラム